ペットボトル・アルミ缶・スチール缶・ガラス瓶
  • 産業廃棄物中間処理
  • 発泡スチロール
  • ペットボトル・アルミ缶・スチール缶・ガラス瓶など
  • 金属くず・プラスチック類
  • 産業廃棄物運搬・配送
  • 運搬・配送
  • 破砕依託加工
  • プラスチック類
  • 許認可一覧
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 求人募集
  • ご相談・お問合せ
ペットボトル・アルミ缶・スチール缶・ガラス瓶
ペットボトル

平成13年、ペットボトルを科学的に分解し、PET原料に戻し再びPET樹脂を作るケミカルリサイクル法が認証されました。

ワイシャツ、カーテンなどのポリエステル繊維製品、ボールペンの原料としても活用されています。

アルミ缶・スチール缶

回収された缶のうち、約76%が再び缶になります(通称:Can to Can)。

残りはエンジン部品、ホイールなどの自動車部品、OA機器、エアコンなど家電製品の部分などにも活用されています。

ガラス瓶

使い終わったガラス瓶を細かく砕いたものを「カレット」と言います。現在、ガラス瓶の原料にこのカレットが90%使用されるようになっています。

道路の舗装材などに利用されるなど、活用範囲が広がってきています。

リサイクル工程
処理施設搬入後ピットへ

魚箱のシール(紙・テープ)剥がし、白色と色物の分別

破砕処理


分別・及び残渣物選別
ペットボトル

破砕・洗浄・梱包
破砕・洗浄後送風にて乾燥フレコンへ投入梱包
アルミ缶・スチール缶
選別・圧縮
自動選別機にてアルミ・スチールを選別し、プレス機で圧縮処理。残渣物は産業廃棄物として処理する。
ガラス瓶

選別
手選別された後、残渣物は産業廃棄物として処理する。
再生原料として出荷

ワイシャツ・作業着 ポリエステル繊維製品・他
再生原料として出荷

アルミ缶・エンジン部品 OA機器・家電製品・他
再生原料として出荷

ガラス瓶 道路の舗装材・他
お問合せ

ページ上部へ